筆者愛用マジで使える極寒余裕のベンチコート【寒いのが苦手な人に】

冬キャンプはソロが楽しい!ソロ用アイテムの紹介

冬キャンプはソロが楽しい!ソロ用アイテムの紹介

寒くなってきたね。僕は寒くなるとキャンプに行きたくなるんだ。それも一人でね。

ソロキャンプは冬こそ至上!その理由は?

キャンプは夏がシーズンだと思ってないかな?普通はそう思うんだろうけど、僕は冬こそキャンプの至上のシーズンだと思っている。夏にみんなでワイワイするのも楽しいけど、冬のソロキャンプでは本来の自然をより深く感じることができるんだ。

静まりかえった大自然の中、寒い季節にしか感じることのできない凛とした張り詰めた空気感。自然との一体感と非日常感。感覚がどんどん研ぎ澄まされていって、僕たちが地球の一部・自然の一部だということを確認させてくれるよ。

他にも冬キャンプが至上な理由はたくさんあり。それは次の通りだよ。

虫がいない

夏のキャンプも楽しいけど、大自然ゆえに悩まされるのが蚊やアブ、ハチ。僕は一回スズメバチに刺されたことがあるからハチとエンカウントするのは本当に嫌なんだ。その点、冬は一切気にしなくていい。ゆっくりと流れる時間をただただ楽しむことができるんだ。が少ないからいい場所を独占できる

人が少ない

どうせキャンプするなら最高のロケーションで堪能したい。これが夏だとだいたい有名どころのいい場所はすでに団体やご家族様に取られている。でも冬になるだけで、そういった場所を独占しやすくなるんだ。

そして、人が少ない、またはいないからソロでキャンプしてても気にならない。これで回りが賑やかな団体だらけだと、正直僕ならストレスが溜まってしまう。

汗をかかない

僕はキャンプでの楽しみの一つに風呂がある。夏なんかは汗をかくから絶対入らないと気持ち悪くて寝れない。でも、冬ならほとんど汗をかかないから不快感が少ないんだよね。快適にキャンプを楽しむことができるんだ。

火の暖かさが嬉しい

寒いからこそ感じれる炎のありがたさ。その炎に当たりながら飲むコーヒーやウイスキー。僕のお気に入りの時間だ。

星が綺麗

冬は空気が乾燥しているよね。それは空気中の水分が少ないってことなんだ。空気中の水分が少ないとそれだけクリアに星が見える。これが空気が澄んでいるという意味なんだ。冬の夜空は夏より圧倒的に見える星の数が違うよ。本当にただただクリアなんだ。

ソロ冬キャンプでの最小限必要なアイテム

ソロ冬キャンプでは恐らくバイクでのツーリングなどで行くことが多いと思う。詰める荷物には限界があるから、必要な機能を備えたうえで、どれだけ荷物を少なくできるかがポイントとなるよ。

ソロキャンプ歴5年の僕がオススメするアイテムを紹介するね。

シュラフ・寝袋

Huskyのシュラフ マミー型 -28度までOK

シュラフHusky(ハスキー)Anapurna 冬用 マミー型 撥水加工

価格:16,800円
(2019/10/31 07:34時点)

冬キャンなら必須のシュラフ。タイプはマミー型がオススメだよ。頭まですっぽりかぶれないと、意外と頭が寒くなるからね。このシュラフはアウトドアではおなじみのハスキーってブランドがだしてるものだ。撥水加工がついていて、丸洗いもできる。値段は中堅といったところかな。高いのはもっと高いからね。でもたまに変に安いのもある。2000円とか。保温効果が全然ないから、そうゆうのは絶対にやめたほうがいい。キャンプは7割くらいは準備している装備できまるから、シッカリと安心な物を選んでね。

NGO団体も使っているし -28度までの極限状態まではギリギリ使用できるみたいだから通常の冬キャンプでは安心できるスペックだね。正直これくらいのスペックがないと冬は不安になる。

寒くて寝れない!なんてことにならないように、シュラフだけは絶対にケチらないようにして欲しい。

ソロ用テント

ソロ用テントは荷物をいかに少なくするかが大切だと思う。おそらくバイクなんかで一人でキャンプするんじゃないかな?その場合持っていける荷物には限界があるよね。

バンドックのソロドーム 頼れる相棒

僕が一人でキャンプするときに使っているテントは、このバンドックのソロドームだ。もう今年で4年目の冬を迎えるくらい使用している。

作りは正直完璧ではない。ペグなんかおもちゃみたいだからね。使えないことはないけど、すぐ曲がる。今はもう別のペグを購入してるよ。

このテントは本当に今までずっと世話になった。雨の日も風の日も僕の寝床を守ってくれた。パーフェクトじゃないかもしれないけど、それでも十分だ。今まで雨漏りなんかしたこともないし、スペックの通り耐水性は3000mlあると感じる。

あと設営がすごく簡単。一人でテントを設営するのに組み立てが大変だと時間が無くなってくる。サクッと簡単に最小限でミニマムにキャンプする。このテントはまさにそのポイントを抑えているよ。

安いわりには丈夫で、近くで同じようにソロキャンプしていた人のテントが風で破壊されていたんだけど、僕のテントは耐えてくれた。

こういった実際の経験から僕はこいつを相棒として信頼しているよ。

真冬のソロ用暖房はたき火の輻射熱を利用

冬キャンプの暖房をどうすればいいか悩んでないかな?正直正解がない。状況にもよるし、難しいんだ。

とにかく暖かさを求めるなら石油ストーブや薪ストーブだけど、少し大げさだし荷物になるよね。小型のものでちゃんと暖がとれくちゃいけない。オススメの暖の取り方は、「たき火」だ。

「え?結局たき火?」って思うかもしれないけど、工夫次第でテント内をたき火の輻射熱で十分に暖めることができるんだ。荷物も極限まで小さくできる。安全に効率よくたき火をするための3つのアイテムをセットで紹介するよ。

1.エバニューのアルコールバーナーで簡単着火

まずはこのアルコールバーナーで着火しやすくする。これが火元になるわだね。一から火をおこすのはめんどうだし、これなら簡単。

2.ケンエーの燃料用アルコール

燃料用アルコールで黒いススが出ない。まとめ買いでOK

上記のアルコールバーナーの燃料に、この燃料用アルコールを使う。ガソリンと同じで値段がよく変わるから安いときにまとめ買いするのがオススメ。こぼしたりしないように取り扱いには注意してね。

3.ヴァーゴの焚火台で焚火に安定性と汎用性を

この焚火台をテントの前の前室に置いて使うんだ。テント内に入れてはダメだよ。使い方は、アルコールを燃料に入れたバーナーをコイツの中心に置いて着火。あとはその周りに枝とか、木とかをポンポン入れていく。すると簡単に火がたつ。

テントの前に置いておくだけで、その輻射熱がテント内部を十分に暖めてくれる。本当の炎は熱量が多いし、遠赤外線効果で芯から暖めてくれるんだ。冬のソロキャンプの暖房は最低限これでOKだよ。

風よけ程度ならもっと安いものもある

上記のヘキサゴンの焚火台が高いなら、正直もっと安いのがある。僕は両方もってるけど、予算に限りがある人はこっちだけでもいいと思うよ。その代わり基本的には風よけだし安定感に優れていないから、焚火をするなら自分で色々工夫したほうがいいね。

たき火に合わせて使いたいアイテム

LOGOSのたき火用の薪

現地で枝探したりとかって結構めんどくさかったりする。濡れてたりするしね。だから僕はいつもこの薪を10数本持っていってる。火付きもいいし、長持ちする。煙も大量に出たりしないしね。落ち着いたところで、そのへんの落ち葉とか枝とかを突っ込んでるよ。あったら便利でたき火がずっーと楽になる。

肉を焼いたり、湯を沸かしたり

ただの網。これも必要だね。湯を沸かしたり、なんか焼いたり。網だったら何でもいいと思うよ。

注意!絶対読んで!一酸化炭素中毒について

冬キャンプの怖いところは一酸化炭素中毒での死亡事故だ。テント内でガンガン燃料系の探訪器具を使ってしまうと、一酸化炭素中毒をおこしてしまう。

たとえば、今回僕が紹介した焚火を例にあげると、タープを締め切ってその内部で焚火をするとする。しばらくすると酸素が足りなくなる。するとたき火の燃焼効率が悪くなって「不完全燃焼」が起こるんだ。これによって一酸化炭素が発生。無色・無臭で気付かないから、知らないうちに事故にあってしまうんだ。

これを防ぐ方法は一つだけ。換気をしっかりすることなんだ。換気をしたり、空気を完全に遮断して締め切らないようにすること。僕なんかは通気口としてテントの上部分と下部分の2か所に穴をあけて、貼るタイプの網戸で補強しているよ。

テントの上と下の2か所に穴をあける理由は、一酸化炭素は空気より少し軽いから、テント全体もしくは上部にとどまりやすいからだね。そして下に穴を開ける理由は、二酸化炭素中毒を防ぐためだね。二酸化炭素は空気より重く下に溜まるからだよ。

一酸化炭素は人間には感知できないから、ここはセンサーに頼ってほしい。

一酸化炭素の濃度をデジタル測定して液晶で教えてくれるんだ。さらに危険な濃度になったときには大きな警告音で教えてくれる。キャンプでは必須のアイテムだよ。こいつに紐をつけて、テントの中心にぶら下げて使おう。備えあれば憂いなしってやつだね。

最後に

冬のキャンプは厳しいかもしれない。でもその自然の厳しさを肌で感じることで自分の新しい何かが見えてくることもある。

人間も動物だってことを教えてくれるし、現代社会で健康的に生きていくには自然と人工のバランスが必要だと思う。人間は人口じゃなくて動物だ。動物は自然だよね。だから、たまには自然に帰ってみるといいんだ。

未分類カテゴリの最新記事