乾癬患者が風邪とインフルエンザの季節を乗り切る方法

乾癬患者が風邪とインフルエンザの季節を乗り切る方法

冷たく湿度の低い空気が肌に当たると、風邪やインフルエンザの季節がやってくるということも意味します。誰にとっても病気にならないように予防策を講じることはとても重要ですが、乾癬がある場合は、体調を保ち、症状を抑えるために特に注意する必要があります。もし、乾癬患者が風邪などの病気になった場合、乾癬の状態を悪化させて、症状がひどくなる可能性が高いです。

自己免疫疾患とともに生きる

乾癬は自己免疫疾患です。つまり、免疫系が過剰反応状態で、健康な細胞や組織を攻撃しています。免疫が過剰反応している乾癬患者の人は、特にインフルエンザの季節に病気になりやすくなります。

というのも乾癬の治療に使用される免疫抑制薬は、免疫系を弱めるため、外部から入ってくる細菌やウイルスに対して抵抗力が低くなるからです。

以下は風邪やインフルエンザを予防する為の一般的な対処策です。

  • アルコールを避ける
  • ナチュラルな水で水分補給する
  • 免疫システムを高めるために毎日運動する
  • 栄養価の高い食事を食べる
  • 特に食事や薬を服用する前に手を頻繁に洗う
  • 人混みや病気の人を避ける
  • 電車の中など、混雑した狭い空間ではマスクを着用する
  • コップや箸、調理器具などを共有しない
  • ドアノブやリモコンなど、家の共用部分を掃除する

乾癬の症状を抑えながら、風邪やインフルエンザの季節を乗り切るためには次の方法が効果的です。

あきらめずに治療に続けよう

乾癬の治療をあきらめずに続けていくことが、風邪やインフルエンザに対する最初の予防線となります。免疫が過剰反応しないように、医師による適切な乾癬の治療を続けていくのです。

ですが、皮肉なことに、免疫抑制薬は風邪やインフルエンザウイルスに対する体の免疫力を極端に低下させる可能性があります。インフルエンザの発症を感じたら、医師は抗ウイルス薬の服用を勧める場合があります。場合によっては、病気の悪化を防ぐために、感染の初期段階で抗生物質が使用されることがあります。

たまたまインフルエンザにかかり、免疫を抑制する薬を使用している場合は、インフルエンザの症状が改善するまで服用を中止する必要があります。免疫を抑制してしばえば、治るものも治らなくなりますからね。詳細な指示については医師に確認してください。

インフルエンザの予防接種を検討する

インフルエンザへの対抗措置ワクチン

乾癬がある場合、インフルエンザのワクチンを接種するのが冬を乗り切るために効果大です。

ただし、免疫抑制剤を使用している人がワクチンを受ける場合は必ず医師に相談してください。

薬の組み合わせによっては、とんでもない副作用が発生する可能性があります。

サプリメントについて

バランスの取れた食生活は、肌と健康にとってとても重要です。乾癬がある人は、魚、植物性食品、オリーブオイルなどの健康的な脂肪を含む抗炎症成分の入った食品を増やし、赤身肉、砂糖、加工成分などの炎症を増やす食品を減らすことをおすすめします。

乾癬と免疫系に役立つ他の栄養素には次のものがあります。

  • 魚油
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • 亜鉛

これらの栄養素が不足しているかどうか、サプリメントが自分に効果があるのかどうかについては医師に相談してください。適切な量​​の栄養素を摂取することで、免疫系を抑制しながら間接的に風邪やインフルエンザなどの病気と戦うことができます。

加湿器を使用する

秋と冬に病気になりやすいもう1つの理由は、外の乾燥した冷たい空気が原因です。また、部屋の乾燥の原因にもなるエアコンなどの暖房器具はおすすめできません。どうしても乾燥してしまうからです。

使用するなら加湿器との併用、もしくは、燃焼と同時に水分を放出する石油ストーブなどがおすすめです。

湿度を保つことで、インフルエンザなどの病気も防ぐのに役立つだけでなく、乾燥したかゆみのある肌にもとても効果的です。

ストレス管理が大切

ストレスは肌の炎症の主な原因の1つです。乾癬がある場合、ストレスは体の炎症反応をさらに悪化させる可能性があります。乾癬の症状悪化につながるだけでなく、肌の炎症の増加により、他の病気にもなりやすくなります。

忙しい毎日の中では、ストレスを管理することは実際には難しいように思えます。しかし、1晩に最低7時間の睡眠をとるなど、かんたんなライフスタイルの調整はできるはずです。定期的な運動、健康的な食事、瞑想などもストレスを減らすのに効果的です。

また、何かしらの問題をかかえていてストレスレベルが高すぎる場合は、一人で解決しようとするのではなく、親しい友人や家族に相談しましょう。サポートやアドバイスを求めることは別に恥ではないですよ。ストレスの原因となっている何かを信頼できる人に少し手伝ってもらうだけで、不必要なストレスを取り除くことができます。

それとセルフケアのための時間をもっと取ってみて下さい。忙しい日本人ですが、本を読んだり、温かいお風呂に入ったりするような簡単な活動くらいはできます。こういった行動はストレスレベルを下げるのに大いに役立ちます。ストレスが少ないほど、風邪やインフルエンザの季節を乗り越えることができます。

最後に

風邪やインフルエンザの季節には、乾癬などの自己免疫疾患がある人は、特別な予防措置が必要です。治療レベルをできるだけ高く維持し続け、セルフケアを意識するだけで、病気になりにくくなります。そうすることで真冬の季節を乗り超えることができる可能性ははるかに高くなりますよ。

それでも、もし病気になってしまった場合は、自宅で療養しましょう。手をよく洗うように注意し、細菌が拡散しないようにしてください。気分が良くなったら、また運動やセルフケアなどの定期的な活動を再開することが最善の方法です。

健康に対して高い意識をもつことが大切です。

記事は終わりです。

人間関係/健康カテゴリの最新記事