結婚するためのバカげた理由【最悪の結末を避けるために】

自然な流れで結婚するなら、問題ないと思いますが、「結婚しなくてはならない」と考えているなら、ちょっと立ち止まったほうがいいですね。

結婚に走らせる理由には様々なものがありますが、中には深層心理にバカげた理由が隠されていることもあります。このバカげた理由が隠された状態で結婚してしまうと、不幸な結婚生活や結果的に離婚に陥ったりとバッドエンドの結末になってしまう可能性があります。

しかし、多くの人にとって、結婚する理由が実際に何であるかを表現するのは難しいと思います。

なので、少なくとも下記の3つの理由に結婚する動機が当てはまるのなら、少し考え直したほうがいいです。

結婚するためのバカげた理由#1:問題を解決するため

多くの人は結婚すると何か特別な魔法のようなことでも起こると考えているように見えますが、そんなことは何も起こらないですよ。

まるで結婚という魔法?を使うことで、現在進行形の問題が綺麗さっぱり無くなって新しい一歩を踏み出せるなんて思ってるかもしれませんが、当然そんなことはないです。

一時的には結婚にコミットすることで満足し、ハッピーな気持ちになるかもしれませんが、自分自身の問題は問題で解決させるまで残ったままなんです。

基本的に、結婚すると、物事がすでに良ければさらに良くなりますが、すでに悪くければ悪化するだけです。

もし仕事や金銭問題、病気の問題などがあるなら、結婚前にきっちり解決しておくかパートナーと話し合う必要があります。結婚前なら別れて新しい選択をすることも可能ですが、結婚後に問題が肥大化しその結果別れるとなると時間と労力を無駄にしてマイナスのスタートになります。

なので結婚という行為が自分の持っている問題をクリアにできる魔法だと考えているなら、頭の中、お花畑ですよということです。

結婚するためのバカげた理由#2:孤独でいるのが怖いから

一人で孤独でいることは本当に気分をうんざりさせますよね。

でもだからといって、その理由だけで、結婚という行動にうつるのは禁物です。これは言い換えればただの依存なので、自分のパートナーまでも、うんざりさせてしまう可能性があります。

多分こんなこと聞いたことがあるんじゃないですかね。自分で自分を幸せにすることができないのなら、誰も幸せにすることができないと。

自分を幸せにできる人は、自分に価値を感じている人です。自分の価値を上げるためには自分自身をしっかり成長させる必要があります。自分のなりたい理想像をもって、それに向かって努力して切磋琢磨生きることが大切です。そうすることで、自分に自信がもてるようになりますし、他人に依存しやすい性格も変わってくるでしょう。

そしてそういった人がパートナーと健康的な関係を築くことができます。

結婚するためのバカげた理由#3:何かを証明するため

もしかしたら結婚することで何かを証明しようとしてませんか?

両親が「そろそろ孫の顔見たいわ」と言ってきたり、友人たちが次々に結婚し早く結婚しなくてはいけないとプレッシャーを感じたり。

こういったことに対しては確かに結婚することで「ほら、孫だぞ!俺も結婚したぞ!」と証明することはできるかもしれませんけど、結婚って、逆にそれでいいんですか?

証明するものが何であれ、自分自身や、他人に「何かを証明するために結婚する」ということは、とてもバカげていると思います。

今一度考えてみて下さい。あなたは、何かを証明するために結婚を利用していませんか?

実際には結婚しても世間はそこまで気にしませんし、生活が一変するなんてこともないです。仕事行って家帰って、ご飯食べて寝るだけです。何十億人もの人々が結婚をしていますし、結婚しているからといって、何か本質的なことが変わるかというと何も変わりません。

結婚することで最悪の結果を招く前に

上記のような結婚に走らせるバカげた3つの理由が、あなたの状況に当てはまる場合は、まあ、とりあえず結婚はしなくていいでしょう。何が人間関係において健康的であり、何が有害であるか学ぶといいと思います。

めんどくさいと感じるかもしれませんが、結婚するならそれくらいしておくべきだということです。後々、結婚生活が嫌になった、結果離婚することになったなんて最悪の結果を招くことにならないように。

そして上記の3つのバカげた理由に当てはまらず、幸せな自分を意識できたときに、自然な流れで結婚したいと思えるパートナーがいれば、それは結婚するべきタイミングかもしれません。

このような状況であるならば、それは健康的な結婚で、実りある結婚生活になるでしょう。