筆者愛用マジで使える極寒余裕のベンチコート【寒いのが苦手な人に】

ホテル業界に有利な転職サイト&エージェント3選【副業の話も】

ホテル業界に有利な転職サイト&エージェント3選【副業の話も】

ホテル業界転職希望者「ホテル業界に転職したいんだけど、オススメの転職サイトかエージェントとかないかな。それと転職前に知っておいた方がいいノウハウとかもあれば知りたい。」


このような悩みにお答えします。


 本記事の内容

・ホテルに有利な転職サイト&エージェント3選

・ホテル業界に転職する前に知っておくべき事実【副業の話も】

・最初のステップは行動! → 動きながら考えよう


現在、某ホテルで働いている僕ですが転職で入社しました。同時に様々な仕事もしていますので、広い視野で成功するホテル転職とは何かを紹介していきます。


ホテル業界だけでなく色んな業界にも応用の効く話となりますので、「ホテル業界じゃないと嫌!」って人でなくても読んでおいて損はないです。



というわけで、僕が思う世間的に言いにくいこともぶっちゃけながら、ストレートに記事にしていきます。


ホテル業界に有利な転職サイト・転職エージェント3選


結論からいうと…どのサイトでもOKです。


大手転職サイトを3つくらい登録しておけば十分な情報は得られると思います。


 ホテル業界に有利な転職サイト&エージェント3選

●転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1 @まずはここから。求人数最大級です。

●doda|希望にあった求人を見つけよう @案件が多く、一般には出ていない隠れ求人もある。

●転職エージェントのマイナビエージェント|人材紹介・転職サイト@ド定番。個人的に良い求人が多いと感じるので、オススメです。


最終的には自分の判断で決める

どんなに転職サイト&エージェントが良くても、転職先の会社が自分に合わなければ意味がありませんよね。結局は、転職が成功するかしないかはマッチングの問題で、最終的な判断はあなた自身にあります。

とりあえず転職サイトに登録をしてみて、会社の詳細を確認してみて、人事担当者と会ってみて、面接で条件を聞いてみて…こういったプロセスの中で自分でどうするか判断することです。

僕自身はマイナビ転職からいくつか応募し、たくさん入社のお誘いを頂きましたが、最終的には一度全てお断りしました。その理由は僕の主張とマッチしなかったからです。(給料、シフト、福利厚生、家賃補助、異動などの件)

ポイント

会社に選ばれる気持ちではなく、会社を選ぶ意気込みが大切

いい会社に巡り合わなければ、巡り合うまで続けていけばいいわけです。もちろん自分もそれに見合うスキルアップをしなければいけませんが。


面接~となると、『好印象を与えないと!変なこと言わないように自分を隠さないと!面接官に好かれるように頑張らないと!』といった気持ちになりますが、これは正解でもありますけど、間違いでもあります。

なぜなら、あなた自身も会社を判断する立場にあるのですから。

当たり前ですが、面接で媚びって、自分をよく見せて、イエスマンになって色々と自分に嘘をつきながら入社しても、それって意味がないですよね。そんな事しても、入社後に苦しい思いをするのはあなた自身ですよ。

もちろん僕もある程度は自分を偽りました。ただ気持ち的には「僕が働くに値するかどうか見てやる!」といった感じでしたね。結果的にこういった気持ちで面接に挑む方が、堂々として見えますし、仕事ができそうに見えて好印象につながると思います。ペコペコ相手の言うことを何でも「はい、大丈夫です!」と大丈夫じゃなくても言うのは搾取される第一歩です。しっかり主張すべきところは主張すべきでしょう。

結果的に僕はホテル業界でありながら、家賃・通勤費は全額補助、基本給のベースアップ、配偶者一人に3万円の補助、転居を伴う異動は無し(評価には影響しない契約)などを勝ちとりました。何も主張せずにイエスマンになっていたら、もちろんこれらのメリットはありませんでした。

面接とは本来自分をアピールする場です。なので自分をよく見せることは否定しませんが、どうしても曲げられない主張はしっかり主張すべきだと思います。それでも会社側が働いてほしい、こっちも働きたいと思えるのなら、お互いwin-winで、その会社はあなたにとっての正解かもしれません。

ポイント

『自分が働くに値するかどうか見てやる!』といった気持ちが大切


有名だからホワイト企業…ではない

ホテル業界と聞くと、いくつか代表的な名前は浮かんでくるんじゃないかと思います。

でも、有名で人気 = ホワイト企業とは限りません!

僕の友人は某ホテル(広告が街中にたくさんあり、大手で有名)で働いていますが、話を聞くところ完全にブラックです。朝7:00から会議、休憩が取れずに24時間ぶっとうしで勤務、シフトがなぜか夜勤明けの後にそのまま日勤があったりする、フロントでずっと立ち仕事…などです。その友人と飲んでいたのですが、その会社から電話があり23時くらいでしたが、その友人はそのまま会社に呼ばれ消えていきました…。

繰り返しになりますけど、『この会社が自分にとって正しいのか』を選ぶのはあなた次第です。自分の人生ですので、誰かではなく自分で決めていきましょう。

意外と全国展開ではなく地方で細々とやっているホテルの方が従業員に還元してくれたりホワイトだったりします。しかし、こればかりは面接での条件合わせでいくらでも変わるので、まずは転職サイトで情報集めですね。

よくある質問:未経験でもホテル業界に転職できますか?


できます。

もちろん、希望するポジション(支配人候補・ホテル経理担当・ホテル営業など)によりますが、僕を含め、友人も未経験で入社に成功しています。ホテル業界向けの専門学校などもありますが、特にそういった学校を卒業していなくても入社することは全然可能です。

僕なんかはホテルのホの字も分からなくて、「どうせなら伸びている業界で上を目指したいな」と思っていたくらいで入社できましたから。もちろん志望動機はそれなりにカッコよく説明する必要はありますよ。

ポイント

本音と建て前は使い分けましょう。

一流ホテルなんかはスキルが高くないと無理かも…と思ってしまいがちですが、自分に自信がなかったとしても、とりあえず履歴書を作って応募してみるのがオススメです。最初は誰でも未経験ですし、ホテル業界は入社の入口が広いほうなので、わりと面接まではいきやすいです。

ホテル業界に転職する前に知っておくべき事実【副業の話も】


転職前に考えるべきことは次のとおり。新しく入社する会社を辞めた時のことを考えましょう。

「これから転職する~って時に、なんで辞めた時の話?モチベ下がっちゃう。」と思うかもしれませんが、けっこう大切なことなのです。

会社は個人を守りません!

サラリーマンをやってると、何らかの理由で辞めたい…と思うことがあると思います。それは人間関係かもしれませんし、給料への不満、思った仕事と違った…など千差万別です。また会社の業績が悪化すれば、会社が生き残るため個人を退職に追い込んだりリストラしたりします。

残酷ですけど、今時、会社はあなたを守ってくれません。少しでも問題を起こそうものなら、解雇されてしまいますしね。理由なしであなたを守ってくれる存在というと、それは家族とペットの犬くらいです。

なので、『家族 = 会社』のような思考をもって生きていると、会社の業績が悪くなってリストラされたときや、不満があって退職したときなど『会社が悪いんだ!』という考えに直結してしまいます。会社が助けてくれるという考え自体が古いし間違っているので、その価値観はすぐに捨てたほうがいいです。

働きながらスキルアップ&副業がオススメ

けっこう僕の周りは最近こういった人が増えてきています。働き方改革で政府が副業を後押ししているのもありますし、副業はメリットだらけです。

僕がしている副業はクラウドワークスから頂いている海外ニュースや英文の翻訳の仕事です。どうやって、こんな仕事ができるようになったかというと結局は今のホテルでの仕事を利用してスキルアップに成功したからです。

ホテルのフロントでは英語を使用することがあります。電話でも相手が外国人なら英語で対応します。英語ができなくても、英語ができるスタッフに任せればそれでOKですが、僕は自分で対応できるようにしたかったので勉強しました。

隙間時間で勉強 → 仕事で実践

これで英語のインプットとアウトプットが高速でできますので、メキメキ英語力が伸びていきました。今では海外のニュースや新聞も理解できますし、外国人のゲストと英語で会話することなど余裕です。英語って楽しい!

ちなみに僕が隙間時間で利用した英語の教材はこれ。

audibleは聞く本という感じで、アマゾンが提供しているサービスになります。僕はここで好きな洋書(ハリーポッターなど)を通勤時間を利用してラジオのように聞いていました。

あまり難しく考えずに耳を英語に慣らすためです。結果は効果アリ。今でも電車の中で色々な本を聞いています。※日本語ももちろんあります。

最初の30日間は無料ですし、アマゾンのサービスなので安心して利用できます。

Udemyのほうは動画学習になります。上記のリンク先はホテル勤務者に最適化された英語学習動画ですぐに使える知識が満載です。

僕は机に向かってペンを持って勉強するのが苦手なので、最近では新しいスキルや知識は動画や音声から吸収しています。別に勉強のやりかたは受験勉強ではないので紙に書かないといけないというルールはないんですよね。使えるようになるのが目的です。

このように、仕事 → 個人のスキルアップとして自分を成長させることができれば、わりと最強なんじゃないかなと思います。最悪何かの都合で辞めることがあってもスキルがついていれば、自分が希望する職業へ転職しやすくなる確率が上がります。

そして会社を利用して間接的に得たノウハウは、そのまま収益化することができます。今までの働き方は古くて現代に合っていないと思います。否応が社会はそうのように変化しているのですから、これからは自分を現代社会に最適化して新しい働き方をすべきです。そしてもう既に私を含め多くの人がそうしてますよ。

ポイント

会社を利用してスキルアップ → 収益化につなげよう

ちなみにホテル業界は副業するには、オススメだと思います。例えば僕なんかは夜勤入り → 夜勤明け → 休み → 夜勤入りといったサイクルだったりしますが、明け ~ 入りまで時間がたくさんあります。

普通の会社員だと周5日で家帰ってご飯食べてお風呂入ったら、もう夜の10時…そろそろ寝ないと8時間睡眠取れなくなるといった感じになりますから、休日以外は副業の時間が取りにくいと思います。

その点ホテル業界は、自分の時間が取りやすく副業や自己成長のチャンスがたくさんあると言えます。ボーナスも貰えますしね。

最初のステップは行動! → 動きながら考えよう


あれこれ考えて動けなくなる前に、とりあえず行動してみてから考えたほうがいいです。スピードはチャンスと余裕を生みます。

じゃあ、この記事で紹介した転職サイトや転職エージェントを使うタイミングはいつなのか?その答えは、会社をやめる前であって、今すぐ行動するのが一番の正解です。

よくある話で「会社を辞めてからのほうがゆっくり転職に集中できる」って人がいますけど、辞めてから転職活動をすると収入が無くなります。その状態で余裕をもって転職活動ができるかというと…正直メンタル的に受からなければ焦りますし微妙だと思います。

言い換えてみれば相対的に『お金を払いながら転職活動をしている』ことになります。お金を得るための転職が一時的に本末転倒になっているわけですからね。

結局、定期的な収入が無くなると、メンタルが不安定になりがちです。仕事をしながらの転職活動は大変ですけど、できるだけ良い条件で妥協しない為には、すこしは我慢して頑張ることも大切です。とにかくまずは行動してみて、動きながらゆっくり考えましょう。

転職サイト&エージェントに登録さえしてしまえば、あとはメールを確認したり、条件のいい求人が出たときに応募するだけです。チャンスはいつくるか分かりませんから、そうゆう意味でも登録だけは先にしておき情報は集めておくべきでしょう。どのサイトも登録は5分程度ですので、すぐ行動する最初のステップが大切です。

●転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1 ※最大級の転職サイトなので求人が豊富。まずはここに登録しましょう。

●doda|希望にあった求人を見つけよう ※案件が多く、一般には出ていない隠れ求人もある。

●転職エージェントのマイナビエージェント|人材紹介・転職サイト※ド定番のマイナビですね。個人的に良求人が多いと感じるので、登録して損しないはずです。

仕事/スキルアップカテゴリの最新記事