5G電波による人への影響は?

5Gによる人体影響が気になる人「5Gの電波を浴びると人に悪影響があるってネットで書いてあるけど本当?すごく不安なんだけど」


こういった疑問に答えようと思います。

本記事の内容

・5G電波による影響って?

・刺激作用と熱作用

・頭痛とか発がん性とか


近ごろ、5Gによって人体に悪影響があるんじゃないかといった話が世界中で起こっていますよね。でも、そういった話があるにも関わらず5Gはついに2019年に一部の国でスタートしてしまいました。


これって大丈夫なの?本当に悪影響はないの?このような疑問を抱えている人は大勢いると思います。(僕もその一人)


ということで、気になったので、色々調べてみるとある程度ハッキリしたことが分かってきました。

電波が人体に与える影響

電波が人体に与える影響


5Gに限らず、電波って色々あります。


例えば普段乗っている電車からも電波は出てるし、それこそ身近なTV、ラジオ、BS衛星放送にも電波はたくさんあります。スマホとかパソコンみたいな電子機器だけじゃなくて、電波って普通に存在するものなんですよね。


で、その電波が人に与える影響なんですが、これに関する研究はけっこう歴史があって信頼性が高いことが分かりました。世界中でもう50年以上研究され続けているらしく、これほどまでに研究されているものって他にあんまりないらしい。しかも研究グループは政府直轄だったりして権威性のある団体なんかが多いようです。


そしてこの膨大な世界中の研究結果から、電波が人に与える影響がかなり分かってきています。現在ハッキリと根拠があって確認されている影響は2つ。

・刺激作用

・熱作用


詳しい説明は以下のとおり

肌がピリピリ感じる「刺激作用」


電波があたっている金属をさわると、電流が流れます。


この電流がある程度の強さ以上だと、ピリっときたり、チクチクっと感じる。そうそう、静電気なんかがまさにそれです。


これが電波による「刺激作用」ってやつです


この感覚は電波の周波数に関係していて、すごく低~い周波数でピリピリ感を感じやすいんですが、周波数が高くなると、今度は感じなくなるとのこと。

ポイント

高い周波数の電波ではピリピリ感の刺激作用なし!


ということで高い周波数を使っている5Gのマイクロ波では刺激作用はないということになります。つまり5Gによるピリピリ感=刺激作用は気にしなくて大丈夫。


あと、他の弱い電波によって、ピリピリしたとしても、別に体には悪影響はないです。あるとすれば、それを気にする感情から来るストレスくらいだと思います。

体がぽかぽか「熱作用」


人は電波を浴びると、その一部を吸収してしまいます。


この吸収された電波のエネルギーが人の体温を上げてしまうようです。この体温上昇が電波による熱作用というもの。


5Gなんかの高い周波数では、先に書いたように「刺激作用はない」のですが、この「熱作用」は...理論上あります。


熱作用は実際、人に悪い影響があることが分かっていて、体温が1℃上昇するだけで様々な健康被害があることが多くの実験で証明されています。単純に風邪で熱が出るとしんどい。同じ理屈ですね。


でも電波で人の体温を1℃上げるのってかなり大変なので普通の生活をしている分にはまずありえないレベルと考えられています。ましてや人間には本来体温調節機能がありますので。


さらには電波防護指針で人には影響が絶対出ないようなレベルに電波の強さを抑えています。こういったことから、5G電波は理屈上、人の身体温度を上昇させる影響があるが、現実には対策もされているし、安心して大丈夫ということになります


電波防護指針って何さ!

電波防護指針とは、電波の人体に対する安全基準のことです。日本では、世界中の研究結果に基づいて、10kHzから300GHzまでの電波を対象に作っています。電波防護指針は、国際的な指針とほぼ同じ値であり、人体への影響を考慮した十分に安全な値となっています。

電波による頭痛とか発がん性は根拠がこじつけレベルだから気にしなくていい


刺激作用と熱作用のほかに、もう1つ電波による影響があると言われていたりもします。たぶん、ネットで見る情報で気になるのはこっちが多いんじゃないかな。


具体的には、電波によって白血病になったり、頭痛になったり、細胞が傷つけられて癌になる...といった話です。


レントゲンなどで使われるX線やγ線等の電磁波なら、また話は変わってくきますが、5Gの電波なんかは細胞を攻撃したりなんかはできません。できて細胞を振動させて体温を上げるくらいです。電波防護指針値で守られたレベルの5G電波が、遺伝子や細胞を傷つけて癌の原因となることなどの、どの現象についても、5G電波がそのような事案を引き起こすという証拠はないんですね。


ネットでは「発がん性があるよ~」といった不安を煽るトピックが注目されやすいですけど、適当な情報に騙されてはいけないと思います。


もちろん何を信じるかは個人の自由ではありますけどね。

まとめ


色々書いたけど、「結局どうなの?」って情報をまとめました。

5G電波による影響は「熱作用」のみ

電波防護指針で守られている限り、熱作用も気にしなくていい

だいたい人は体温調整ができる生き物

発がん性などの証拠はない


とまぁ、こんな感じですね。世界的な見解の結論としては


「まぁ、大丈夫だけど、不確定な部分も多いから継続して研究していくよ」


この一言で締めれると思います。


ということで、僕は気にしてません。また何か分かれば情報をかみ砕いて載せていきます。

注目記事:5Gの健康被害【嘘・本当・対策】

注目記事:日本では5Gのスマホはいつから販売される?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です