コロナウイルスの影響でネットが遅いと感じる人へ【解決方法はある】

緊急事態宣言後、やたらとネットが遅いと感じませんか?ルーターを再起動したりPCの設定を見直しても昼も夜もネットが遅い。その原因はコロナウイルスにあります。

どういうことかというとコロナウイルスによる間接的な影響で世界中の人が自宅待機や、隔離などを強いられておりYoutubeやオンラインゲーム、テレワークなどでネット回線を圧迫するようになったからです。

では元の原因コロナウイルスが終息すれば、回線はもとに戻るのでしょうか?いいえ、残念ながら今後もネット回線は遅いままです。理由は以下の通り。

コロナウイルスが終息しても回線は遅いまま?

コロナウイルスが終息しても回線は遅いままなのか?

今後ネット回線はパンクしていき、回線格差が出てきます。

理由1.そもそもコロナは終息しないと考えるべき

コロナウイルスがいつ終息するかは誰にも分かりません。4月14日現在でコロナによる世界の死者数は、約12万人。感染者数は400万人。公表されている数字で、実際はもっと多いはず。

暖かくなればウイルスは消えると言っている人がいますが、論外だと思います。気温の高い国、例えばオーストラリア(20°越え)は感染者数は1000人をかるく超えており、ロックダウン政策を実施しているほどです。

たとえ気温が30°近くなったところで、もしコロナウイルスが弱くなったとしても、寒くなればまた復活すると考えるのが普通ではないでしょうか。

そして世界中でここまで広がったコロナウイルスが簡単に終息することはないでしょう。あくまで個人的な考えですが、全人類が感染してからやっと終わりを迎えるんじゃないかなと思います。

理由2.今後も謎のウイルスは発生する

現時点で多くの人はコロナウイルスに注目していますが、今後も謎のウイルスは偶発的に発生すると思います。新型ノロウイルス...新型インフルエンザ...新型結膜炎...などなど。そう考えるのが自然であり、合理的であり、煽るわけではないですけど「大丈夫!」と言う人はまるで根拠がないと思います。

そして新型ウイルスが発生するたびに、自宅待機となれば、そのたびに今のような回線難民は続出します。

理由3.コロナによる新しい働き方・勉学の定着

良くも悪くもコロナウイルスは保守的な日本企業の働き方を変えました。自宅にいながら仕事をしようという働き方です。いわゆるテレワークですね。

ここで必要となるのが、やっぱりネット回線。ウェブカメラを使ったオンライン会議、データの送受信など...今まで以上に回線を使うことになります。

また学校が休校であることからYoutubeやその他媒体を使ったオンライン動画学習が普及しています。昔からこうゆうのはあったのですが、コロナのために爆発的に利用する人が増えている状態です。

そしてこういった変化は一時的なものではなく、とても便利なものなので今後も定着するのが自然です。コストを抑え、時間に関係なく、通勤・通学時間の排除、良いことずくめです。おかげで今後もネット回線を圧迫し続けるでしょう。

以上3つの理由から、我慢して待っていてもネット回線の遅さが解決されることはありません。では解決方法はないのでしょうか?いえ、根本的に解決する方法が2つあります。

どうすれば回線速度を速くできるのか?

Lan Cable

私もつい最近まではYoutubeの読込が依然より遅かったり、オンラインゲームのラグがひどかったりと、ネット回線の遅さにストレスを感じていました。ですが根本的に問題を解決したことにより、緊急事態宣言が発令された今でも全く問題ありません。むしろ依然よりスピードUPし快適になりました。

私が調べたところ、速度を上げる方法は基本的に以下の2つの方法しかありません。

方法①IPv4→IPv6に変える

IPv6とはInternet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)の略です。多くの人はIPv4というインターネットシステムを使っています。

※ここでは分かりやすくインターネットのシステムと表記しています。

分かりやすく説明すると今のコロナ状態の時に、みんなが信号のたくさんある下道の道路でYoutubeというお店に向かっている時に、自分は横の片側3車線の高速道路でスピーディに向かえるという感じです。

つまりバージョン6に変えたらネット回線を使う人が増えても、自分には全く影響ないよ!ということ。

ただこれにはデメリットもあります。自分が向かいたいお店が、IPv6に対応していないと辿り着くことができないのです。YoutubeやGoogle、NetFlixなどは対応していますが、オンラインゲームなどでは対応・未対応が分かれています。

どうやってIPv6を導入する?

IPv6を利用するためには光回線が必要となります。また、プロバイダーへの申し込みも必要です。例えば「フレッツ 光ネクスト」を使っている場合は、「v6オプション」への追加申し込みが必要となります。


プロバイダーへの申し込みは、IPv6/IPoEに対応しているプランを選ぶ必要があります。選ぶ際の注意点としては、プロバイダーがIPv6接続オプションを提供していている。そして「IPoE対応」であることが必要です。IPv6対応であっても、接続方式がPPPoEのみのプロバイダーであれば、速度改善の期待はできないので注意してください。


また、さらにIPv6対応のモデムやルーターの準備も必要となります。これはプロバイダーからレンタルしているなら、型番を言って対応機種かどうか確認することになります。

とまぁ、何だか難しそうだし結構めんどくさいんですよね。この方法で解決してもいいんですけど、私はめんどくさかったのと、そもそも遊んでいるオンラインゲームがIPv6未対応だったので見送りました。

なので私の場合、解決方法は下記のやり方だけでした。現状大満足してます。

方法②根本的に回線速度を爆上げしてやる

CMでもお馴染みのNURO光という下り最大2Gbpsの日本最速回線でチャチャッと回線貴族になるのが楽です。

NURO光とは

■日本で最速の下り2Gbpsを誇る光回線

■Sonyのネットワークサービス

■対象地域は限られるが順次拡大中。関東、関西ならまずOK

回線遅延の問題は根本的に回線の下り速度を上げてあげればいいだけです。たとえ、ネット回線を利用する人が増えても、最大2Gbpsもあれば余裕です。気になる実測値は以下の画像の通りです。

過去の通信速度

NURO光に変更した後

NURO光に変更後

変更前の57倍の速度を頂くことが出来ました。※1000Mbps = 1Gbps

最大2Gbpsということですが、現実的にMAXのスピードが出ることはないと思います。ですがコロナ中の現在でこれだけの速度があれば、ぶっちゃけ余裕すぎです。

YoutubeもHD画質で遅延が一切なく、またオンラインゲームでのラグも発生せず、戦績スコアぐんぐん向上中です。

NURO光を契約したいなら、公式特設サイトがオススメ

NURO光って本当に優秀なんで、色んな代理店などがプッシュしており、様々な特典をつけています。例えば代理店サイトから申し込めば、キャッシュバック最大120,000円とか。

これって別に嘘とかじゃないんですけど、条件があるわけですよね。その条件をクリアしていくと結局月額の料金が高くなって、長い目で見ると損してしまったり。

なので私は公式サイトでキャッシュバック45,000円を頂いて月額料金を安く抑えることをオススメします。というか、多分これが一番の正解。

公式サイトでも特設サイトから申し込まなければ、キャッシュバック45,000円は貰えませんのでそこは注意。特設サイトは下記に記載してます。

NURO光 公式特設サイト

■キャンペーン:キャッシュバック45,000円

■月額料金:4,743円

■プロバイダ料金・高速WiFi・セキュリティサービス全て無料

色んなところで格差が出てくる日本。個人的にはそれってただ「無知」なだけなんじゃないかなと思います。ちゃんと調べて、適切な処置を行っていくことで結構、解決できたりします。何もせずにただ「速度遅すぎ...」って言っている人は...ちょっと残念。

回線速度の遅さで悩んでいても一生そのままなんで、IPv6に切り替えるか、NURO光に変えるかして回線貴族になったほうが楽でいいですよ。

今回の記事はこれで終わりです。