筆者愛用マジで使える極寒余裕のベンチコート【寒いのが苦手な人に】

僕が考えた『太れない人』が確実に太る方法【真似して下さい】

僕が考えた『太れない人』が確実に太る方法【真似して下さい】

世の中には痩せたい人がたくさんいるのと同じように、僕みたいに太りたい人もたくさんいます。まだ現在進行形で理想体重(70kg目標)にはなっていませんが、確実に太ってきましたので、無理せず太る方法を『太れない原因を潰しながら』紹介していこうと思います。

BMIとか難しい話は意味ないと思うので、根本的な微妙な原因と具体的にどうすれば太るかに焦点を当てて、太れない人への救済記事になると幸いです。

それではどうぞ。

太りたいのに太れない人は食生活が間違っている

僕の実体験で書いていきますが、まずはざっと太れない原因を書いていきます。

嫁(かーちゃん)の飯がまずい、または栄養価が低すぎる

作ってもらって大変失礼ですが、原因はハッキリさせておきます。細い人によくあてはまるのが、「嫁・母・彼女の作る飯がまずい」というやつです。

逆に太っている人は、ごはん作ってくれる人の料理が美味しいんですよね。絶対というわけではないですけど、結構こういった人は多いと思います。

あとは家族に合わせて低カロリー料理だとか。作る人が健康を考えたり、節約しようとするとどうしても料理のカロリーは低くなりがちになります。栄養価が高くカロリーも豊富なものはやっぱり値段が高くなりますから。

太る方法って色んなサイトで紹介されていますけど、この原因に気づいているところはあまりないと思います。

たくさん食べてると思っている

多分食べれていないと思います。総カロリーで計算してみると結局一日の必要摂取カロリーをとれていないケースがあります。

僕はまさにそうでした。晩飯とかはドカッと1200~1500カロリーくらい取るんですけど、結局朝ごはん食べてなかったり、昼飯が適当だったりで必要なカロリーが足りてないんですよね。

一日一食だったり。一回で一日の必要摂取カロリーを取ったとしても小分けで取るカロリーよりかは圧倒的に体内に吸収されにくいですし、カロリーをとっていない時間は、自分の脂肪なり筋肉なりを消費しながら生命活動の維持を図っていくので痩せていきます。

インスタントの袋ラーメンが主食

ラーメンが太ると思っている人。全然太りませんよ(笑)たとえば袋ラーメンですけど、430カロリーくらいです。これって、スープも全部飲んだ場合です。

麺だけなら200カロリーくらいです。そして栄養価も限りなく少ない(というか栄養ゼロと考えるべき)ので、食べても太りません。

まぁ食べないよりかはマシですが。体にはあまり良くないです。

そもそも飯が豊富に家にない

冷蔵庫に豊富に食材が溢れていますか?多分ガリの人の家庭には、そんなに食材がないんじゃないでしょうか。

あってもやっぱりインスタントラーメンが大量にとか…

インスタントラーメンは美味しいですし、災害時にも助かりますが、『食べ物』という観点からしたら、食べ物ですけど『人工物』ですよね。本来の食べ物ではないです。

僕の言う豊富な食材とは『肉・魚・卵・野菜・牛乳』などです。こういった食材をちゃんと食べれていますかというと割と食べれていないと思います。

胃腸が弱く、すぐに腹を壊す

男性では特にですけど、ガリの人は胃腸が弱いことがあります。胃腸が弱いとせっかく食べてもお腹を壊したりして本来なら摂取されるべき栄養を吸収できず『食べ損』みたいな感じになってしまいます。

■過去の僕の場合

・「よく食べるなぁ」と言われるが一食が多いだけで実際には食べていない

・ラーメンばかり食べていた

・自宅の料理は美味しくなくて低カロリーだった

・そのわりには運動量が大きかった

・胃腸に関しては無知で意識していなかった

以上、太れない人の理由をまとめてみました。ということは太るためには上記の逆を意識すればいいんです。ただ、これが簡単じゃないので、方法論を掘り下げて紹介します。

具体的に太る方法 → 簡単ではない

本気の努力が必要です。

『太るぞ!』という意識がわりと大切

精神論みたいですが、太る方法のベースは結局ここになります。ここを飛ばして楽に太ろうという人なんかは、怪しいサプリくらいしかできないと思います。

ただ怪しいサプリはやっぱり怪しいですし、太るための方法は『正攻法』しかないと思います。

正攻法には努力とやる気が必要になります。簡単ではないですが、ガリガリの人が太るだけで人生が大きく変わりますよ。大げさに聞こえるかもしれませんが、本当ですし、結局人は見た目でかなりの影響を受けていると思います。

それだけのベネフィットを得られるのなら、ちょっと頑張って正攻法で努力するべき。人生のコスパは最高にいいと思います。

自分の体重を可視化してモチベUP

自分の体重が今何キロかわかる人はすくないんじゃないでしょうか?数か月前に測った健康診断での体重しか分かりませんよね。あとは銭湯に行って測るくらい…。

これじゃあ数値化してどれだけ太ったかの判断が、いつまでたっても分からないですので、モチベーションに響きません。

僕は太るために体重計を買いました。体重計買う人ってあんまりいなさそうですけど、様々な健康のパラメーターとなりますし、「今日もまた増えた!」を実感できるので、無くても太れますけど絶対あったほうがいいと思います。

太る系のプロテインは補助、気休め程度で

プロテインで太るとかいう人いますけど、太れない人にはあまり効果がないです。

効果がないというか即効性はないという感じ。

ただ飲まないよりかは飲んだほうが良くて、後半にも書いてあるのですが『筋トレ』も行いつつ太るのが、オススメなので『タンパク質・その他栄養素』を摂取するために飲んだほうがいいですね。

僕はとりあえず筋トレ後と寝る前には飲んでます。栄養補給が目的です。

何を食べるか、つまり何を常備するか。

学校、会社など外で食べるのは自由です。自由ですし、外でまで『太るために~しないと』って意識は辛すぎます。

ここで言う『何を食べるか』は自宅でのメイン食材です。常備しておくものです。

主食として食べるのはやっぱり炭水化物。僕が着実に太れている食材は『パスタ』です。1束だいたい350カロリーくらいで一食で2束食べましょう。

これにソースをつければ800カロリーくらいになります。自宅で長期保管できて、すぐ食べれる、安い、うまい、味を変えれると、デブ活にはもってこいです。

たまにはスーパーで肉・野菜を買うべき

普段は上記の食事をメインとして、たまには他の栄養素というか体に刺激を与えてあげたほうがいいです。じゃないと飽きますし、栄養が偏ります。

オススメは鍋。夏でも鍋です。鶏肉とか野菜とかを適当に入れて煮るだけでスープまで余すことなく栄養を吸収できます。

あとはカレー。オススメはひき肉を使って、ニンジン、玉ねぎなど全てみじん切りで投入です。理由は細かくしたほうがルーに溶け込みやすく栄養の吸収率が上がるからです。

あとすり下ろしたニンニクを投入すれば食欲が細い人にも効果的。すごく美味しいですし、栄養価抜群ですのでオススメです。

あと忘れがちなのが食べた後のケア。おなか壊しては意味ないので、胃腸薬(自然由来の指定医薬部外品)→サプリみたいなもんですが、エビオス錠というものがあります。

これは別に怪しいものじゃなくて昭和の時代から日本にあるサプリです。そもそも戦後の栄養飢餓状態の日本を救うためにアサヒが開発したそうですが、これ飲むとお腹壊さないです。食べたものをシッカリ吸収できます。

とまぁ、食にこだわってなかった人には出費が辛くエンゲル係数が上がってしまいますが、自分への投資なのでそこは割り切ったほうがいいです。

とりあえず太るために必要な物まとめ

下記の物はネットで買えます。肉とか野菜はもちろんスーパーで。

≫ パスタ マ・マー 1.6mm 600g×5個
≫ パスタソース キューピー たらこ 23g 2袋入×3個
≫ 体重計 オムロン カラダスキャン
≫ プロテイン Kentai ウェイトゲイン ミルクチョコ 1kg
≫ 胃腸薬 アサヒ エビオス錠 2000錠 天然素材ビール酵母 胃腸・栄養補給薬

食にこだわったなら、筋トレもしよう

上記の食生活をメインにしていけば太っていきますが、運動をしなければカッコいい身体にはなりにくいです。

食べながら身体を作るのが理想。別にハードにやる必要はないです。太れないガリガリの人は、余分な脂肪が無いので、ちょっと筋トレすればすぐにカットがでてきます。

腕立て伏せを毎日、もしくは二日に20回1セットとかでOK。できれば懸垂をオススメしたいですが、器具なども必要となるので気になる人は下記記事を参考にしてください。

オススメ記事:YouTenの懸垂器具は安くて安定感・耐久性あり

ちなみに筋トレを始めると最初は体重増加とは逆に痩せて見えますが、それで大丈夫です。最初はそうなります。

最後に:高い意識が太った未来を作ります。

中盤でも書いたのですが、本当に意識が大切です。意識というかモチベーションですね。

僕が着実に太れているのはモチベーションを維持できているからです。もし、モチベ=やる気が無くなったら、また元に戻ると思います。

なので、『太ると自分の人生がどう変わるか、どう自分はなりたいのか』これを強く意識して毎日体重計にのってやる気を上げています。

やれば太る。なので一緒にデブ活していきましょう。

人間関係/健康カテゴリの最新記事